cnlhospitalet.org還暦祝い

長寿祝い

長寿(ちょうじゅ)とは

長寿の祝い歳

日本においては以下に記す祝い歳がある

長寿(ちょうじゅ)とは寿命が長いことを指す。また物事が長く持続している様子のことをいう。
全て「数え年での年齢。ただし、現在は満年齢で祝う場合も多い。

数え年齢 名称 由 来
61歳還暦生まれた年の干支にもどることから。(満60歳で祝う)
70歳古希唐の詩人・杜甫の「人生七十古来稀なり」に由来。
77歳 喜寿 「喜」のくずし字の、七を3つ重ねた形から。
80歳 傘寿 「傘」のくずし字の、八と十を重ねた形から。
88歳 米寿 「米」の字をくずすと、八、十、八に分かれるので。
90歳 卒寿 「卒」のくずし字「卆」が九十と読めることから。
99歳 白寿 「百」から横線の「一」を取ると「白」になるので。
長寿を祝う

全て数え年で祝いますが、現在では満年齢で祝うことも多くなってきています。 地方によっては厄年としてお払いをするところもあるようです。また祝うとそれ以上長生きしなくなるという言われもあり、長寿を祝わない人もいます。 人生50年と呼ばれた昔は、61歳の還暦は稀で大変めでたい事として祝われましたが、平均寿命も長くなった今日では60代の方々はとても老人とは言えない元気な方が多いです。そのため、古稀や喜寿で盛大に祝うのが一般的なようです。長寿を迎えた人にとって、心のこもった贈り物をされたり、子供や孫たちと食事を共にし、楽しく語らうことはきっと嬉しく思うことでしょう。

長寿を祝う詩を贈る

中国の儒教には敬老思想と長寿を尊ぶ思想がありました。その思想から、唐末から宋代には長寿を祝う詩を贈ることが流行しました。これが日本に伝わり平安時代に初めて行われ、その後貴族の間で広まりました。祝う歳は、奈良時代頃では40、50など10年刻みでしたが、鎌倉時代以降に現代の61,70,77・・・という年齢で祝うことが広まったようです。その中でも還暦は、江戸時代、干支についての俗信流行の流れに乗り、人生の中の一つの行事として広まっていきました。 還暦は、昔の暦では十干〔じっかん〕と干支〔えと〕が60年で一巡し、61年目に暦が戻ってくることからめでたいものとされています。古稀は中国唐代の杜甫の詩の一節「人生70古来稀なり」に由来し、喜寿は「喜」という字を草書体にくずすと「七」を三つ並べた字となり七十七に読めることから来ています。傘寿は「傘」を略した中国文字が八十と読めること、米寿は「米」の字が八十八を組み合わせた形であること、また卒寿は「卒」の略字「卆」が九十と読めることに起因します。そして99の歳は「百」という字から「一」を取ると「白」になることから、「白寿」と呼ばれています。

還暦祝い・長寿祝いのお祝い品と金額の目安/相場

長寿の贈物の基本は、決まりきったものではなく、本人が欲しがっているものを選ぶことが大切です。 女性なら外国性の香水・石鹸・アクセサリー類やファッション小物・旅行券記念に残るオリジナル品・実用的な衣料品やカタログギフトなど。男性ならファッション小物・オリジナル記念品・寝具・旅行券・選んで喜ばれるギフト券やカタログギフトなど。とくに身に着けるものは年齢より少し若向きなものを選びましょう。
お祝い品の金額の目安~
両親:2万~3万円
祖父母:1万~2万円
親戚:5000~1万円

ページのトップへ戻る